生成AIのエロ画像を見る方法|AI×エロは今後の世界を大きく変える?

fullnote
管理人
こんにちわ「みんエロ」管理人の翔(@min_ero_jp)です。

最近いろいろな分野で話題となっている「AI」は、アダルトのジャンルでも進化しています。

すでに生成AI作品も出回っており、今後さらに開発が進んでいくのは間違いありません。

そこで今回は、AIとエロについての現状と、生成AIのエロ画像を見る方法をまとめました。

「AI×エロ」の進化の流れに乗っておけば、あなたのオナニーライフはもっと充実するでしょう。

AI生成の画像・動画はFANZA同人作品がおすすめ!
エロ過ぎて実写より抜ける?

現実を超えるAI生成作品のエロさをあなたに。

FANZAのAI生成画像・動画を見る

生成AI×エロの進化が凄い

近年は生成AIの発達が凄まじく、何かしらのニュースを目にしますよね。

このAI技術とともに進化しているのがエロの分野です。

これまでもVHSからDVD、2DからVRなど、アダルトと技術は同時に進化してきました。

そんなAI×エロの分野では、すでに動画やゲームの開発も進んでいます。

しかし完全にAI生成するには至っておらず、人の手が入らないと製品にはなりません。

一方、イラストはかなり進んでおり、画像のAI生成や投稿の専門サイトが増えています。

まずはAI生成作品があるアダルトコンテンツを簡単に見ていきましょう。

生成AI×エロ動画(AV)

2023年12月に世界初となるAI女優がAVデビューを果たしました。

これはリアルのAVを撮影した後に、首から上だけをAI生成したものです。

不気味の谷を感じさせない技術には頭が下がるばかり。

今後はAI女優や作品が続々と出ることが予想されています。

AI女優のメリット

AI女優を出演させるメリットは、ユーザーと女優どちらにもメリットがあります。

ユーザーにとっては万人受けする感じの顔で抜けるという点。

もしかすると今後は、著作権をクリアすればユーザーが顔をカスタマイズできるようになるかもしれません。

女優にとっては顔バレしない、体は自信があるけど顔はちょっと…という場合でも出演できること。

これらの点からよりAV業界が活発になるのは確実でしょう。

世界初AI女優のエロ動画

タイトル 世界初新人AI女優 完全なる美顔
木花あい AVデビュー
出演者 木花あい
配信日 2023/12/22
価格 1,980円~
時間 35分
メーカー h.m.p

初の試みということで賛否は分かれているようです。

しかし新たな可能性を開拓したことは大いに評価できますね。

AI専門レーベルが誕生

タイトル 【3.1次元】AI美少女アイドル 咲
乃ミライ18歳 専属新人デビュー
出演者 咲乃ミライ
配信日 2024/03/15
価格 2,180円~
時間 60分
メーカー ノースキンズ

ノースキンズというメーカーから、「3.1次元AV」レーベルが誕生しました。

上記の咲乃ミライちゃんの続編のほか、新たなAI女優も続々とデビューすると思われます。

生成AI×エロアニメ

AIはエロ動画でも意外と身近に利用されています。

ひと昔前だと「ディープフェイク」と呼ばれるエロ動画が流行りました。

最近だと「モザイク破壊」のAVが増えており、まるで無修正動画のような作品が出回っています。

同人のカテゴリでは、AI生成キャラのエロアニメも誕生しました。

生成AI×エロゲー

エロゲーの分野では、キャラをAI生成した作品が増えています。

こちらも同人作品が中心となっており、FANZAやDLsiteなどでも人気のジャンルです。

しかしキャラの動きやストーリー進行は、まだ生成AIによる自動化はされていません。

人が作ったプログラムではなく、生成AIが判断して展開が変わっていったら楽しそうですよね。

特に恋愛系やエロゲーでは、かなり需要があると思います。

生成AI×エロ画像

AI生成によるエロ画像は、今最もホットなジャンルとなっています。

最近はAIイラスト集やAIグラビア写真集が人気で、Amazon Unlimitedでは販売数上位がほぼAI生成作品です。

AIのエロイラストが人気である理由を考えてみると、次の2つが挙げられます。

  1. 理想的な顔や体を再現している
  2. 現実では不可能なシチュエーションを楽しめる

実在する人間にはできない表現も多いため、AIイラスト・フォトの需要が高まっていると思われます。

生成AIエロ画像・イラストの例

AI生成イラストとは、人工知能によって自動生成されたイラストのことです。

人が作ったCGとは異なり、機械学習を繰り返すことで理想のキャラを作り上げていきます。

ここではAI生成イラストにどんなものがあるのか見ていきましょう。

アニメ系の生成AIエロ画像

アニメ系のAI生成イラストには上記のようなものがあります。

どれも理想を詰め込んだ美少女キャラで、とても生成AIが作ったとは思えないクオリティです。

最後のイラストのように、実写とアニメの中間タイプのものも魅力がありますね。

実写系の生成AIエロ画像

実写系の生成AIイラストは、ほぼ現実と変わらないリアルさです。

ただし手の生成はかなり難しいようで、よく見ると違和感のある画像もチラホラあります。

とはいえ、小さい画像や遠目だと実写と勘違いしてしまいますよね。

また、現状は若い女の子ばかりですが、今後はAI生成による人妻・熟女系のエロ画像も増えていくでしょう。

生成AIのエロ画像はどこで見られる?

生成AIのエロ画像は、SNSや画像投稿サイトで見ることができます。

先ほど紹介した生成AIイラストは、インスタグラムにアップされているものです。

Twitterや投稿サイトには、もっとエロいAI生成イラストがたくさんあります。

SNS

乳首やマンコが見えているような過激AIイラストは、Twitterで見るのがおすすめです。

インスタグラムは規制が厳しいため、露出度はそこまで高くありません。

生成AIのエロ画像を投稿しているおすすめのアカウントは次の3つです。

この他にもAI生成イラストのアカウントは続々と誕生しています。

いろいろチェックして、好みのアカウントを探すのも楽しいですよ。

画像投稿サイト

様々なクリエイターの生成AIイラストを見るなら、画像投稿サイトがおすすめです。

サイトによっては有料のものもあり、よりエロい生成AI作品がアップされています。

一方、無料サイトでもイラストの質と量が充実しているところは多いです。

これから楽しみたい方は、まず無料の投稿サイトから始めてみましょう。

生成AI作品で抜きたい人はFANZA同人がおすすめ

FANZA同人ではAI生成作品をたくさん取り扱っています。

ジャンルの幅広さも魅力で、画像や動画、ゲーム、コミックなど様々です。

それぞれどんな作品があるのか、1つずつ見ていきましょう。

生成AIのエロ画像集

【AI妄想フォト】街角裸リボン【野外露出】

AI生成のエロ画像は、現実では不可能な露出などを楽しめるのが魅力です。

女子校生やロリ系の画像は実写だと完全にアウトですが、AI生成作品なら妄想をリアルに可視化してくれます。

先ほど紹介したように、アニメ系や2.5次元のエロ画像集も豊富です。

かなりクオリティが高いので、ぜひ自分の性癖に合う作品を見つけてください。

生成AIのエロアニメ

【4K超画質】となりのお姉さん

AI生成のエロ動画は、アニメ系の女の子が登場する作品が多いです。

背景やキャラを生成AIが作成して、人間が動きに手を加えるというのが一般的になっています。

さすがに実写のような動画を作るのはまだ難易度が高いようですね。

でもAVが淘汰されて、ほとんどがAI化されてしまうのだけは止めてほしいところです。

生成AIのエロゲー

裏風俗放浪記(美女メイド中出し)【賭博録外伝】

AI生成のエロゲーは、今後の進化が期待されるジャンルです。

現在はキャラや背景をAI生成しているだけですが、これからはユーザーの選択でストーリーが変化する作品も出てくるでしょう。

すでにAIエロチャットの分野はかなり進んでいるので、そう遠い未来ではないと思われます。

生成AIのエロ漫画

妹とヤッてしまったが俺は悪くない

生成AIのエロ漫画は、AIが出力した画像に人間がコマ割りやセリフを加えたものです。

エロ画像にストーリーがプラスされているような感じですね。

また、フルカラーの作品が多いのも生成AIならではの特徴となっています。

FANZA同人の詳細ページをチェックする

生成AIエロ画像が豊富なおすすめサイト3選

エロいAIイラストが見られるおすすめサイトを3つ紹介します。

どれも無料で利用できるので、気になるサイトがあったらアクセスしてみてください。

1.chichi-pui(R18)

chichi-pui(ちちぷい)は、アニメ系・実写系ともに豊富な生成AIイラスト専門の投稿サイトです。

開設されたのは2022年10月ですが、わずか1ヶ月で利用者は5,000人を突破しています。

会員登録しなくてもAIエロ画像を見られるので、初心者でも簡単に楽しむことができますよ。

ただ現状は可愛い女の子のヌード系エロ画像が多く、フェラシーンや熟女キャラのAI生成はまだ難しいようです。

chichi-puiの公式サイトへ行く

2.Pictab(R18)

Pictab(ピクタブ)は、投稿数40万を超えるAIイラスト専門投稿サイトです。

アダルト系の人気タグも掲載されており、目的のエロ系画像がすぐに見つけられます。

こちらも見るだけなら会員登録は必要ありません。

3.AIピクターズ(R18)

AIピクターズは、アニメ系のAIイラストが豊富な投稿サイトです。

全作品を見るには会員登録が必要ですが、GoogleやTwitterのアカウントで簡単に手続きできます。

実写系よりもアニメ系が好みの方は、AIピクターズから始めてみてください。

自分でエロ画像をAI生成できる?

エロいAIイラストは、やり方を学べば自作することができます。

ただしアダルトをNGにしているサイトもあるので、エロ系も大丈夫なところを選ばないといけません。

現在人気があるのは、Stable DiffusionとnovelAIの2つです。

ここでは画像をAI生成する仕組みと、上記2サイトについて見ていきましょう。

AIがエロ画像を生成する仕組み

AIイラストは、テキストやデータなどの入力情報から画像を生成したものです。

プロンプトと呼ばれるテキストを入力し、生成AIに繰り返し深層学習させることで精度を上げていきます。

生成AIが学習する大まかな流れは以下の通りです。

  1. 入力されたテキストを分析する
  2. データをもとに画像の特徴を探す
  3. 指示された複数の要素を組み合わせる
  4. 学習済みのデータに近い画像を生成する

このように少しずつ変化を加え、クリエイターが納得するレベルまで上げていきます。

とは言っても、ただ入力すればいいというわけではなく、除外するイメージや強調する単語を選ぶセンスも必要です。

このプロンプトは「呪文」とも言われ、chichi-puiなどでは画像と一緒に公開しているクリエイターもいます。

また、よりクオリティの高い画像を生成するには、高スペックのPCが必要です。

とりあえず試してみたい方は、スマホアプリの「AIピカソ」などを利用してみてください。

生成AIでエロ画像を作れる人気サイト2選

AIエロ画像を生成できるおすすめサイトは、Stable DiffusionとnovelAIです。

それぞれどんなサイトなのか簡単に解説していきます。

1.Stable Diffusion

Stable Diffusionは、実写系に強い画像生成AIです。

セーフティフィルターを解除すれば、無修正のエロ画像の作成もできます。

特徴は、他の生成AIに比べて高解像度で多様な画像を生成できること。

使い方は、ブラウザとインストールの2つの方法があります。

ブラウザで使用する場合は気軽に試せますが、生成枚数や機能に制限があるのがデメリットです。

インストール(ローカル環境)では、PCスペックによって画像の生成速度が左右されます。

無料で利用できるので、初めての方はブラウザで試してみてください。

2.novelAI

novelAIは、アニメ系に強い画像生成AIです。

数個の単語を入力するだけで、クオリティの高いAI生成エロ画像を作成してくれます。

イラストの作成方法は、テキストから生成・ラフ画から生成の2パターンです。

どちらも慣れれば簡単なので、後はどうキーワードを組み合わせるかが鍵になります。

novelAIのデメリットは、サブスク型の有料サービスである点です。

Stable Diffusionでもアニメ系のAIイラストは作成できるため、慣れてからnovelAIに移行する方が良いでしょう。

生成AIでエロはどう変わっていく?

生成AIで今後のエロはどのように変わっていくのでしょうか。

答えは誰にも分からないので、ここでは「こうなってほしい」という妄想を語っていきます。

その前に、現在問題となっている著作権について簡単に触れておきましょう。

AI生成作品には著作権の問題がある

AIイラストの作成には、学習するための元データが必要となります。

ネット上に存在する無数の作品群がこれに当たり、元データに「似た」画像が生成されることも多いです。

作品の生みの親であるクリエイターにとっては、パクリにしか感じられないでしょう。

実際に著作権侵害を訴える動きは、イラストレーターや脚本家を中心に世界中で広がっています。

そのため安易にAI生成画像を公開したりすると、現状では著作権違反となる可能性が高いです。

生成AIへの期待と願望

ここからは著作権の問題抜きに、期待と願望を述べていきたいと思います。

まずはゴーグルのようなものを装着して、目の前にいる人物の顔や体を変えられる機能。

これがあれば風俗でハズレを引いても、好きな顔や体に変更して楽しむことができます。

ただしプレイは変えられませんが……。

2つ目はAI男優とAI女優のAVが登場すること。

現実ではできないプレイが見られるようになるので、きっとエロの幅も無限に広がっていくでしょう。

そして3つ目は、自分の描いたシナリオでエロ動画視聴やゲームができること。

こうなるともはや現実と変わりないため、臨場感は今よりも遥かに高くなるはずです。

まとめ

AI生成のエロ画像をメインに、生成AIとエロについて解説してきました。

これからこの分野が進化するのは確実で、すでに2.5次元のAV開発に取り組んでいるメーカーもあります。

また職業としても魅力があり、今後は群雄割拠のジャンルとなるでしょう。

著作権の問題がクリアされたとき、どんな世界が訪れるのか今から楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA